うちわの製作なら手作りうちわキング!最短当日出荷で1本109円からお買い求めいただけます!

お問い合わせ

上手に手作りうちわを作るために気を付けたいポイント

手作りうちわを作る際には、まず、キットになったものを買ってきてしまうのが一番間違いもなく、効率の良いやり方でしょう。

後はデザインを決めて、文字を貼り付けていくだけです。とはいえ、この文字やデザインを決めるのが、なかなか難題でもあります。

何度もアイドルのコンサートやイベントに参加している人に言わせると、うちわは、担当のアイドルの目に停まることが一番大切といいます。

それには、イベントの会場のサイズと、席順との関係も大きく関わってきます。

ドームやスタジアムのような大型の開場での参加の場合、まず、細かい文字は目に入らないと思ってもいいかもしれません。

そうなってくると、色で目立出せる、一文字、指さしマークなど、シンプルで目にとまりやすいデザインを心がけるという方が、詳細に凝ったうちわよりも目につきやすくなるというのです。

コンサートに出かけることが決まっても、席順がわかるまではうちわ作成をスタートしないという人もいるといいます。

文字とうちわの色は反対色にするのが一番わかりやすく、文字を立体的に見せる目的で、文字に縁取りを入れて、少し浮いたようにして見せるのも、工夫の一つだとか。

うちわは黒のキットが定番になっています。暗い色は薄暗いコンサート会場では目立たたないため、文字は明るい色にして、黒とのコントラストを考え、全面に使うことが禁止されている蛍光色やホノグラムは、文字の縁取りなどに少量、上手に取り入れることで、暗いところでも良く見えるように工夫するのが、うまく作るコツです。

うちわの色が薄い色の場合は、逆に文字を濃い色にして、コントラストをつけますが、同様に文字に縁取りを派手目な色でつけて、見やすいような効果を狙います。

コンサートは一夜限りのものですが、チケットを予約したり、うちわを手作りしたり、当日着ていくものを考えたりといったように、トータルで楽しめるのが醍醐味です。家に着くまでがイベントだ!と思えば、数か月にわたって夢を見られるのが、エンターティメントの良さですよね。

うちわの製造・直販・インターネット通販を行う手作りうちわキングを運営する株式会社イタミアートは、商売繁盛応援企業、日本一を目指し「手作りうちわキット」の他に「のぼり旗」「横断幕」「マグネットシート」「冊子」など様々な販促商品や印刷物を低価格・短納期でご提供しています。キングシリーズ各店舗を是非一度ご覧くださいませ。